鳩対策は鳩に関する深い知識を持った専門業者へ依頼しよう

トラブルを回避する

男性

古くから人間と共に生活をしてきた鳩は、私たちの生活圏の中での生活におびえることはありません。そのため、私たちの周りではたくさんの鳩を見ることができます。鳩にはたくさんの種類がありますが、街中で見かける鳩はキジバトがほとんどです。キジバトは、赤茶色っぽい羽根と、首筋に青色の筋模様が入っていることが特徴となっています。主に種や木の実を好んで食べていたので、元々は村や農耕地に生息していましたが、その農耕地や村が都市化することによって、人間と共存するようになってきました。人間と共存するようになると、自分でエサを取るだけではなく、餌付けされるような鳩も増えてきました。このように、人間の生活圏で鳩が生息するようになると、鳩によるトラブルが生じてしまうことがあります。鳩の糞はその例の一つとして考えることができるでしょう。鳩の糞は、車や住宅などを汚してしまうだけではなく、病気の元となることもあるので何らかの対策を立てる必要があります。

鳩の糞による被害は、毎年のようにクローズアップされています。鳩が糞をすることは生理現象の一つです。そのため、鳩の糞による被害をなくすためには、鳩が近寄らないようにする対策をたてなければなりません。鳩を生活圏に近づけないようにする対策の一つは、鳩を餌付けしないということです。野生の鳩は、人間からエサをもらわなくても自分でエサを取ることができます。鳩の可愛さのあまり、安易にエサを与える人はたくさんいますが、そのような行動は適切でないといえるでしょう。鳩と人間は元々中の良かった動物です。鳩を嫌いになってしまわないためにも、しっかりと対策を考え、鳩と人間が気持ちよく共存できるような行動をすることが大切であるといえます。